Search this site
秦基博ときどき日常。
マイペースにのんびり更新しています。
コメント頂けると嬉しいです♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
まさかの逆子ちゃん
いよいよ妊娠9ヶ月目に突入しました。
ここ数日、パパママ学級に参加してみたり入院のための荷造りを始めたりして、
もうすぐ赤ちゃんに会えるんだなぁ、陣痛に耐えられるかなぁなんて流暢に構えていた…のですが。

昨日の妊婦検診で、お腹の赤ちゃんが逆子ちゃんであることが発覚いたしました。
逆子の場合でも産院によっては自然分娩できる所もあるようですが、
私の通う産院では逆子が治らない場合は強制的に帝王切開になります。
33週ともう結構な時期なので、もちろんこれから治る可能性もあるけど念のためにと、
帝王切開で産む場合の手術日を話し合ってきました。

物心ついてから入院も手術も経験のない私は、先生の話を聞きながら情けなくも恐怖で泣きそうでした(´д`;)
麻酔の注射はどのくらい痛いんだろう、もし麻酔が効かなかったら、麻酔が切れた後は激痛だって聞くし・・・
そもそもお腹を切られるって相当な恐怖だ・・・と色んな思いがぐるんぐるん回って頭の中は大パニック。
「逆子を治す体操とかした方がいいですか?」の問いに対し先生からの答えは、
「した方がいいとも言えないし、しちゃダメとも言えないなぁ」となんとも煮え切らないものでした。
とりあえず積極的に推奨はしていないようです。してもしなくても治る時は治るし治らない時は治らないよ、と。

それから頭の中は手術のことでいっぱいで、帰り道も半ベソ状態。(^^;)
家に着いてからはお腹をポンポンしながら「頭が下だよ〜足が上だよ〜」と延々に赤ちゃんに語りかけ。(笑)
とにかく手術は嫌だ、お願いだから逆子治って〜!って藁にもすがる思いで祈ってました。

でも、仕事から帰宅した主人に「きっと赤ちゃん今の位置が心地良くて動きたくないんじゃない?俺に似たのかもね〜」と
のほほーんとした口調で言われ、「無事に産まれてくれればそれでいいよ」の一言で、私の中で何かが吹っ切れました。
自然分娩だろうが帝王切開だろうが痛い思いはするし、苦労しない出産なんてないんですよね。
主人の言うとおり、赤ちゃんが無事に産まれてくれるなら、お腹切るぐらいどうってことない!と思えるようになりました。

よく考えたら、いつ陣痛が来るのかソワソワしながら待たなくてもいいし、それこそ陣痛も経験しなくて済むし、
手術日が決まっているから予定も立てやすいし、帝王切開にもメリットはあるんですよね。
これから治ってくれるのか、ずっと逆子ちゃんのままなのか分かりませんが、
赤ちゃんがこの位置が心地いいなら、無理に治そうとしなくていいのかなぁと今はのんびり構えてます。
とにかく無事に産まれてくれることを願って、残りの妊婦生活を楽しみます^^
 
posted by 葉月 | 12:05 | 日常 | comments(0) | - |
お久しぶりねの2ヶ月ぶり

気づけば約2ヶ月ぶりの更新です。放ったらかしててスミマセン^^;
今後もマイペースにゆっくりのんびり書き綴っていく予定ですので宜しくお願いします。(笑)

さてさて。
予定通り4月15日でパートを退職し、出産準備期間に入りました。
なんやかんやで前のパート先には6〜7年ほどお世話になってたようです。意外と長かった!
当初は正社員希望で入社したはずが、社員になれないままズルズルと働き続け、
そのうち主人との結婚が決まり、もう社員になる必要ないか!と吹っ切れ、そして今回の妊娠発覚。

結婚報告も妊娠報告も、みんなの前でさせられ・・・いえ、させて頂きました。(笑)
結婚した時もそうでしたが、みなさん「よかったね〜」って心から喜んで下さって、
最終日にはベビーグッズやらケーキやら花束やら沢山頂いて、柄にもなくウルッと来てしまいました。
年取った証拠でしょうか。卒業式とかで全く泣けないタイプだったんですけどね。

そして衝撃的だったのが、業務時間終了間際、すごくお世話になった先輩パートさんに呼び出されて知った事実。
実はその方も現在進行形で不妊治療をなさってて、しかも初期流産を経験されていたとのこと。
「本当に親しい人にしか話してなかったんだけど」って笑顔で教えて下さって、
「だから私の分まで頑張って、元気な赤ちゃん産んでね」ってプレゼントまで頂いちゃいました。

正直、私がもし逆の立場だったら絶対素直に「おめでとう」とは言えない。例え口だけでも言えない。
頭では分かっていても「なんで私は苦しんでるのにあなただけ・・・」って絶対思ってしまう。
でも、この人は一緒に喜んでくれた。そんな辛い事実を私に話してくれたんだなって思ったら、再び涙腺が・・・。

その方とは本当に仕事上だけの付き合いで、連絡先も知らないしプライベートで遊んだこともありません。
でも何か重要な作業があった時は必ずその方に頼んでいたし、本当に助けられっぱなしで心から信頼していた方でした。
今回のことで、向こうも少しは私のこと信頼してくれていたのかなって思えて、なんだか嬉しかったです。
ああいう方のもとにこそ、素敵な赤ちゃんが舞い降りてくれるべきなのにな。いや、きっと来てくれると信じてます。

お世話になった方への挨拶やら、後任の方への引継ぎ業務やらで帰宅が遅くなってしまった最終日。
私が抱えていた沢山の頂き物を見て、主人がニコニコ嬉しそうに「大事にされてたんだね〜葉月の人柄かね〜」
なんて言いながら迎え入れてくれました。

決してそんなんじゃないんですけど、なぜか昔から人間関係には凄く恵まれている私です。(主人も含め)
今回の職場も、仕事仲間に恵まれていたからこそ6年間も続けてこられたんだと思います。
育児が落ち着いたら、またお世話になりたいな〜とボンヤリ考えてしまうほど。
幸い上司の方からは「また戻ってくるんでしょ?退職じゃなくて休職でしょ?」と言って頂けたので(笑)
復帰できる日を夢見て、まずは元気な赤ちゃんを産むために頑張ろうと思います。


posted by 葉月 | 11:50 | 日常 | comments(4) | - |
性別判明?と、スミレ
またまた久しぶりの更新です。
先日の検診で、ついに赤ちゃんの性別が判明?しました。
まだ確定ではありませんが、たぶん男の子だろうとのこと。
確かにエコーに「それ」らしきモノがハッキリと映り込んでいたので、8割ぐらいの確率で男の子だろうな〜と思ってます。
 
私の家系が根っからの女家系(母:3姉妹の真ん中 私:2人姉妹の末っ子 姉の子供:2人姉妹)なので
夫も私も女の子であること前提で女の子の名前しか考えてなかったのですが、
まさかの男の子と言われて戸惑いつつもそれはそれで楽しみでもあります(^-^)
 
「一生嫁にやる気はないから出来るだけブスな女の子がいい」
「もしくは16歳ぐらいで籍は入れずにさっさと子供(孫)だけ産んでもらって一生うちで面倒見る」
とかよく分からない夢を語っていた夫でしたが
「男の子もいい気がしてきた。一緒にキャッチボールしたい」とまともな事を言ってくれるようになり一安心。(笑)
 
6ヶ月に入った今ではお腹もだいぶ大きくなり、最近は1時間置きぐらいにポコポコと胎動らしきものも感じ始めてます。
先日、夫にお腹を触られてる時に偶然「ポコッ」と動いてくれて「今日はポコられ記念日!」と大歓喜の夫なのでした。
なんだか今から親バカになりそうな気配がぷんぷんしてるんですが大丈夫でしょうか(^^;;
 
話は変わって、Mステでの生「スミレ」を聴いて以来、頭の中で常に秦さんが歌ってる今日この頃です。
ようやくあの空気に慣れて来たのか、はたまた桐谷さんが応援に駆け付けてくれたからなのか分かりませんが
今までになくリラックスして自然な笑顔で歌っていたような?
オレンジ(と表現していいのか分かりませんが)の服を着てスミレちゃんダンサーズに囲まれて
美女に見守られながら溢れんばかりのあどけない笑顔で歌う秦さんにキュンキュン♪
 
2番のサビ部分、桐谷さんの後ろでさり気なく「oh baby♪」と口ずさむ亀梨くんを見て彼の好感度も急上昇!
口元しか映ってなかったから特定は出来なかったけど「君が消えないように♪」の部分を口ずさんでたのもたぶん亀梨くん^^
もともと好きでも嫌いでもなかったけど、これだけのことで一気に好きになってしまう単純な私です。(笑)
 
歌い終わり。満面の笑みの秦さんと、それをキラキラ笑顔で見守る桐谷さんを交互に映すカメラワークは最高でした。(個人的に)
世間がなんと言おうと、私の目には美男美女の微笑ましいカップルにしか見えません。「美男」美女のね。
2人の年齢差が9歳とはとても信じられないなぁ・・・実は同い年の26歳です!って言われたら普通に信じちゃうと思う。
恐るべきベビーフェイスの持ち主、秦基博35歳。2016年も秦さんに魅了されっぱなしの一年になりそうです。
posted by 葉月 | 11:36 | 秦基博 | comments(2) | - |
お久しぶりです。
2016年初めての更新です。
ずいぶん間隔が空いてしまいましたが、特に何があった訳でもないのでご安心を。
 
私事ですが、今月無事に安定期に入ることが出来ました。
結局、悪阻らしき症状は全くなく順調に育ってくれてます。親孝行な我が子です。
安定期を迎えて初めての「戌の日」がたまたま日曜日だったので、
主人と実母を連れて3人で安産祈願に行ったり、ついでに初詣をしたりと
なかなか充実した年明けを送っておりました。
 
パート先には昨日妊娠報告をして、4月半ばで辞めることになりました。
「しんどかったら休んでいいし遅刻して来てもいいから」と言って頂ける温かい職場です。
「育児が落ち着いたらいつでも戻っておいで」とも言って頂けました。
今後どうなるか分かりませんが、まずはお腹の赤ちゃん最優先であと3ヶ月弱、頑張ろうと思います。
 
そしてそして、今朝ネットを開いたらたまたま「スミレ」の情報を知ってテンション上がっている所です!
ドラマ主題歌なんですね。アニメや映画はあったけど、ドラマは初?になるのかな?
淡いピンクのシャツを羽織ってたたずむ秦さんに朝からキュンキュンしちゃいました。
2月発売ということは、3月から始まるツアーに参加される皆さんは生で聴けちゃうんでしょうね。羨ましい!
記念すべき10周年イヤー。今年こそはライブ参戦を!と意気込んでましたが、
身重な体で長時間立ちっぱなしは怖いので、泣く泣く今回も諦めます。
こうなったら我が子を立派な秦さんファンに育て上げて、一緒にライブに連れて行くしかないかな〜。
何年先になるか分かりませんが・・・そんな日が来ることを夢見ながら「青の光景」に浸る日々です。
posted by 葉月 | 10:07 | 秦基博 | comments(2) | - |
今年最後のご挨拶
本日パート先の仕事納めでした。
早いところでは23日から休みに入っている会社もあるそうで・・・羨ましい限りです。
いつもより通勤電車が空いていて楽だったのが唯一の救い。
休日出勤してる世のお父様方の気持ちがなんとなく分かったような気がします。
 
早いもので気づけば今年も残り4日となりました。
ついこの間「紅白」を観てたと思ったのに、もう年末。
歳をとったせいか、時の流れが早すぎて着いていくのがやっとです(^^;;)
〜クリスマスが過ぎたなら今年ももう終わりだね♪〜 まさしくその通り!ですね。
 
2015年は、本当に色んなところで秦さんを見かけた年でした。
ちょっと前までは「秦基博?誰?」だった周りの人たちが、「秦基博いいよね〜!」に変わった1年と言ってもいい。(笑)
ちょっぴり寂しい気持ちもあるけれど、秦さんの良さを分かってくれる人が増えるのは、やっぱり嬉しいです。
 
そして新しい命を授かった年でもありました。
おかげさまで4か月を迎えることが出来ました。今のところ順調に育ってくれているようです。
お腹も少しずつ膨れてきて、だんだんと実感が湧くようになりました。
来年、無事に健康に産まれて来てくれることを願います。
 
少し早いですが、恐らく今年最後の更新になるかと思います。
ブログを訪問して下さった皆様、コメントを下さった皆様、今年一年ありがとうございました。
来年も、マイペースに更新していきたいと思いますので気が向いた時には覗いてやって下さいね。
いよいよ寒くなってきましたので、風邪などひかぬようご自愛ください。
それでは良いお年を〜(*^ー^*)ノ
posted by 葉月 | 17:53 | 日常 | comments(2) | - |
青の光景
秦基博、待望の3年ぶりオリジナルアルバム「青の光景」。
日付が変わると同時に即入手いたしました!
聞くところによるとオリコンデイリーランキング初の1位獲得だとか。おめでとうございます!
私はと言えば、今後いろいろと物入りになるので泣く泣くダウンロードで我慢( ´(ェ)`)
その後、某ラジオでスキマ卓弥先輩が「お金払ってでも手元に置いておくことに意味がある」
とおっしゃってるのを聴いて、あぁ、ごめんなさい・・・と心の中で謝り倒しながら聴かせて頂いてます。
基本的に音楽の「お」の字も分かっていないド素人ですが、あくまで個人的な感想として好き勝手書かせて頂きます。
 
まず今回は本当にハズレ曲が1曲もなくて、どれもこれも「好き!」って思える曲ばかりでした。
(なんだか上から目線っぽくなってしまって申し訳ない・・・)
中でもイントロの時点で「あ、これ私絶対好きだな」と直感したのが『デイドリーマー』と『あそぶおとな』。
2曲とも、快晴で爽やかな風の吹く日にドライブしながら聴きたくなる曲です。
『あそぶおとな』の「あのマンガにもあったろ そう あきらめたらジ・エンドだ」って、
たぶん「スラムダンク」安西先生のあの名台詞のことですよね(=^x^=)
マンガ好きの秦さんらしくて大好きなフレーズです。
 
『ディープブルー』は曲うんぬん以前に「ライブで歌うの大変そう」と見当違いなことを考えてしまいました(^^;;
サビ部分が裏声の曲は何曲があったけど、ほぼ全編裏声って初めてのような・・・?
タイトルに「ブルー」と入っているだけあって、なんとなくこの曲がアルバムの軸になってるのかなーと思いました。
聴けば聴くほど良さが出てくるスルメ曲っぽい予感。(あくまで私にとってですが)
今はそれほどでもないけれど、これからドハマリしそうな匂いがプンプンしています。
 
そして『美しい穢れ』。
初聴きの感想は、もう直球で「微エロ秦さん来たーーー!!」でした。(笑)
次にどんな言葉を持ってくるのかドギマギしながら聴き入ってしまいました。
可愛らしいベビーフェイスにあのほんわかした雰囲気を合わせ持つお方なのでつい忘れてしまいがちですが、
「秦さんって大人の男性だったんだ」ってこういう時ハッとさせられます。
いつまでも皆から可愛がられる末っ子キャラかと思いきやたまに「男」の顔を覗かせるから油断できません。
3回目ぐらいでふと思ったのですが、槇原敬之さんが歌ったら凄く合いそうな曲調?
何かの機会にコラボしてくれちゃったりしたら、絶対絶対しっくり来るだろうな〜と。(勝手なこと言ってすみません)
勝手なことついでにもう1つ。『Fast Life』は、卓弥先輩の声で1回聴いてみたいなーと思いました。
こんな不純なことを考えながら聴いてる私はもうファン失格ですね・・・
 
最後に全然関係ないお話。
最近いろんなところでクリスマスの思い出を聞かれて「クルージング」の話をされている秦さん。
すでに妻子持ちの35歳の、一生手の届かない人にこんなこと思っても仕方ないのですが・・・
そのクルージングのお相手が、羨ましくて妬ましくてたまりません・・・!!
見ず知らずの相手に嫉妬しちゃうなんて、私にもまだ乙女の部分が残ってたんだなぁ。(笑)
ちなみに「サンタさん透明だったよ!」のエピソードは大好きなので、個人的にはそっちをどんどん押してって欲しいです(*^^*)
posted by 葉月 | 14:42 | 秦基博 | comments(2) | - |
予定日と母子手帳
火曜日。
主人が午前中仕事を休んでくれたので、2週間ぶりの検診へ行って来ました。
ここまで悪阻の症状が全くと言っていいほど無くイマイチ実感が湧かなかった私。
エコーで見てみたら前回1cmほどだった胎児は2.4cmまで育ってくれていました。
この間まで、なんだかよく分からない細長い物体だったのに
手足と頭の形がはっきり分かって、ちゃんと人間の形になっていることに感動でした。
しかも手足がパタパタ動いていて可愛かった・・・!!
ここへ来て初めて、今この子が自分のお腹の中にいるのか・・・!って実感らしい実感が湧きました。
今のところ経過は順調だそうで、出産予定日は来年の6/27と言われました。
 
先生からの説明が終わって2人で待合室に戻ると、なにやら目頭を押さえてうつむく主人。
朝一での受診だったので眠いのかな?と思ったのですが、実は涙をこらえていたそうです。(笑)
赤ちゃんがどんどん大きく育ってくれていることが嬉しいみたい。
もちろん私も嬉しいし感動してるけど、泣くほどではないと思っちゃうのは私が冷め過ぎなのでしょうか(^^;;
まだまだ安心は出来ないぞってどこか冷静に考えてしまっているからでしょうか。
強面でガチムチ体型のくせに私より感動屋さんで涙もろい主人です。
 
その後、母子手帳を貰って来ていいよと先生のお許しが出たので、その足で貰いに行って来ました。
「母子手帳」という響きがより一層、母親になるんだ!っていう実感を持たせてくれます。
これからこの手帳が子供の記録で埋まっていくんだな。なんだか不思議な感覚です。
私の通うクリニックでは分娩までは行っていないので、次回から近所の産院に転院することになりました。
約1年間、妊活のお手伝いをして下さった先生や看護師さんに感謝。
あとは赤ちゃんが順調に育ってくれることをただただ祈るばかりです。

 
最後にちょこっとだけ余談です。
ここのところブログには書いてませんでしたが、秦さんの出演番組はしっかりチェックしております。
ベストアーティストでは、まさかの「Q&A」を披露してくれて嬉しかった(^-^)
そして浜田ばみゅばみゅが可愛すぎた。(笑)
個人的には「なんでやねんねん」より「ツッコミコミコミ」の方が好きです。いつか披露してくれるだろうか。
posted by 葉月 | 15:16 | 日常 | comments(2) | - |
胎嚢&心拍確認
土曜日。
初めて主人と一緒にクリニックへ行って来ました。
現地に着くまで緊張と不安でドッキドキでしたが、
無事に胎嚢と心拍を確認することが出来ました。
 
赤ちゃんは10.3mm程で、7週目にしては一般的な大きさだそうです。
初期流産してしまう方は胎芽が小さい方が多いと聞くので、ひとまず安心。
とーっても小さいですが、心臓のあたりがピコピコ動いているのが可愛かったです。
こんなに小さくても懸命に生きているんだなぁと思うと、愛しさが増してきました。
 
今回は経膣エコーだったので、せっかく来てくれた主人は待合室で待機でした。
「俺も見たかったな」と残念がってましたが、エコー写真を見せてあげたらとっても喜んでくれました。
次の診察は2週間後。その頃には腹部エコーに切り替わって主人も一緒に見られるかな?まだ先かな?
 
気が早いとは思いつつも、帰りに本屋さんで「たまごクラブ」をゲットしてしまいました♪
今までは自分と無縁すぎて見向きもしなかったこの本をついに手に取る時が来たんだな!
とちょっとワクワクしながら主人と一緒に眺めています。
というより、どちらかと言うと主人のほうが熱心に熟読しています。(笑)
うちの主人は協力的すぎるほど協力的で、家事は言わなくても勝手にやってくれるし、
「アレ食べたい」と言うとすぐに買って来てくれるし、私の前では絶対タバコを吸わなくなりました。
今後の手続きのことや産院のことも色々調べて提案してくれて大助かりです。
世の旦那さんって皆さんこんな感じなんでしょうか?うちが特別な気がするのは私だけ?
なんで私なんかと結婚したのか不思議なくらい良い夫です。
 
それに加えて、最近はなるべくたくさん笑うようにしています。
なんとなく、母体の精神状態は赤ちゃんにストレートに影響しちゃうような気がして。
このままスクスク育って、元気に産まれて来てくれたらそれ以上なにも望みません。
どうか、無事に産まれてくれますように。
posted by 葉月 | 14:21 | 日常 | comments(4) | - |
学校へ行こう!
遅ればせながら感想をつらつらと。

久々6人でのワゴン移動に和みました。
坂本ドライバー&ナビノがいまだ健在なところに胸キュン・・・。
6人旅の時の恒例でしたよね。懐かしい。
そしてV6がサプライズ登場した時の学生達の反応が
今も昔も変わらずでちょっぴり安心いたしました。
そもそも今の子達はV6を知ってるのかな?って余計な心配しちゃってた私。
V6は知ってても「学校へ行こう」は知らない子も多いんでしょうけどね。
未成年の主張はギリギリ知ってても少年オカダは知らないだろうな!
時の流れを感じますね・・・私も歳を取るワケだ。
 
お待ちかね懐かし映像の数々。
MUSIAでいまだに爆笑できることに自分でもビックリでした。(笑)
当時見て面白いと思ったものって今見ても面白いもんなんですね〜。
それと、未成年の主張で「文通は顔か〜!?」って叫んでた子、すごーく覚えてるんです。
「雑誌のジャマール」という所までなぜか鮮明に覚えてました。よっぽど強烈だったのかな。(笑)
スタジオで岡田君もおっしゃってましたが、この歳になると泣けてきちゃってしょうがない。
先生同士カップルのプロポーズ場面の後に出て来た現在の家族写真を見て泣きそうになり、
小学生の男の子が引っ越しちゃう女の子に「泣かないで〜」って言ってる場面でさらにうるうる。
当時は可愛いなぁって思うだけだったのに、今見るともうダメですね・・・。
当時学生だった人が今は先生になってようやく未成年の主張への出演が実現したっていうのも感動でした。
あの頃V6ファンじゃない人もみんな見てましたもんね。放送の翌日はクラス中その話題で持ちきりだったな。
ちなみに最後の「愛なんだ」は健君と同じく号泣しました。(笑)
 
個人的に一番楽しみにしていたマサーシー&だぜの現在。
だぜの変貌ぶりに笑っちゃいましたが、みんな当時の面影を残しつつちゃんと大人になってましたね。
だぜ&永谷は良きパパって感じだったし、サオリとミホもそれぞれ頑張ってて良かったなぁ。
そう言えば、だぜに色々ヤラかしてたおデブ中学生のマリちゃんっていましたよね。
あの子の現在も見てみたかったなぁ。超絶美人になってたらビックリだ。
 
なんだか当時にタイムスリップしたような感覚に陥って、不思議な3時間でした。
あの頃は自分が社会人になるなんて全然想像してなかったなぁ。
早く大人になりたいと思っていたけど、今はあの頃に戻りたいです・・・。
一夜限りと言わずまたレギュラーで復活すればいいのにって思っちゃいました。
レギュラーは無理でも3か月に1回ぐらいスペシャルで復活してくれないかなぁ。
posted by 葉月 | 13:09 | V6 | comments(0) | - |
祝20周年
1日遅れてしまいましたが・・・
 
〜V6 20周年おめでとうございます〜
 
ツアーのオーラスではどうやら嵐の皆さんがバックダンサーを務めたそうで。
「VS嵐」での約束を律儀に守ってくれた嵐さん、素敵です。
その他にも沢山の先輩後輩がいらっしゃったとか。
いつまでも皆から愛されるVさん方。良い関係を築けてますね。
松岡君・太一君あたりが客席から「いのっちー!」って叫んでいる姿を勝手に想像して楽しんでます。
 
メンバー内で10の歳の差がある異色のグループと言われてきた彼ら。
クルクルドライヤーとパンツ1枚だけ持って東京に来てそのままデビューした人がいたかと思えば、
実は来年で芸歴30周年のベテランがいたりと本当にバラバラな彼ら。
それぞれ個々で活躍の場を広げながらも、ひとたび集まるとすぐに仲の良さを発揮しちゃう彼ら。
30周年も40周年もお祝いしてあげたいと思わせてくれる6人。
最近めっきりジャニーズ離れしていた私ですが、それでもなんとなくV6だけは特別でした。
色んな人を好きになっても、初恋の人って何故だか特別な存在でしたよね?
たぶんその感覚なんですよね。初めて本気でハマった人達だからどこか特別なんです。
 
気づいたら「学校へ行こう!」の放送がもう明日なんですね。
リアルタイムで見ていた当時を思い出して、学生気分に浸れるでしょうか。
どんな番組になるのか、今から楽しみです♪
posted by 葉月 | 15:09 | V6 | comments(2) | - |